モテと健康を兼ね備えたナチュラルメイク成功の秘訣

会社に出かける時のメイクは、できればナチュラルな方が良いですよね。
しかし朝の忙しい時間に様子を見ながら薄く塗りっていると、時間がかかって仕方ありません。
自分のお肌の状態を良く知った上でナチュラルメイクをすることが可能になるのです。

1.ナチュラルメイクはベースが決め手!

ナチュラルメイクをしようと思ったら、まずはしっかりお肌を保湿しましょう。
ベタつくとファンデーションがダマになり易いので、ジェルタイプのスキンケア化粧品は早めに塗っておくことが大切です。
まずは起きて洗顔、お肌の様子を見てからメイクに入りましょう。

2.明るいところで自分のお肌を見てみましょう

ドレッサールームがあるマンションでは、蛍光灯の加減でメイクの色が違って見えることがあります。
まずは明るい場所で、大きめの手鏡で自分のお肌の状態をチェックしましょう。
お肌は毎日状態が変わります。
寒い日には色が薄く、暖かい日には赤みが差しています。
疲れているとクマがあったり、口の周囲が黒ずんでいることもあるでしょう。
顔のトーンの状態でファンデーションの色を決める様にしましょう。

3.ポイントメイクを大切に

ナチュラルメイクでは、お肌の立体感が大切になります。
ベッタリとファンデーションを塗っただけでは能面のような顔になってしまいますね。
コントロールカラーやコンシーラーで、顔のくすみをカバーしたり、血色を良くしたり、ニキビ跡やクマをカバーするようにしましょう。

4.手抜き感を防ぐ為に

ナチュラルメイクを手抜きメイクと勘違いしている人もいます。
ベースメイクを仕上げたら、アイメイクとリップメイクもきちんとしましょう。
どちらもしないとボヤケた印象になってしまうので、目も唇も、輪郭をきちんと出す様にメイクします。

ナチュラルメイクが上手にできると、あなたの表情が生き生きと周囲に伝わるようになります。
季節によって自分のお肌の色や状態がどのように変化するか、手鏡でチェックをしておきましょう。