ダイエット失敗の原因は諦め?痩せる思考になる!

ダイエット中に「もう、我慢するのは嫌!」「運動なんかしたくない」と一度サボるとそのまま挫折してしまう人もいることでしょう。

そして「なんて意志が弱いんだろう」と自己嫌悪に陥ってしまう・・それではダイエットをすることで精神的に良くない影響を与えてしまいます。
楽しくダイエットを続ける方法を考えていきましょう。

失敗してなんぼのダイエット

ダイエットをしている女性の中で、一度も余計なものを口にしたことがない、と言う人は稀でしょう。
皆ダイエットをしながらつい今日だけ、自分にご褒美、付き合いだからと何かしら食べてしまっているものです。

しかし失敗する人との違いは、「量を食べ過ぎないこと」「そこで気持ちを切り替えること」です。
今日はフライドチキンを食べてしまったとしても、一人分の量を食べるのでしたらそれだけで翌日太るということはありません。

そして食べてしまったのだから「これから3日間はしっかり頑張ろう」と仕切り直すのです。
三日間ダイエットして、4日目に多少食べるを繰り返してても十分効果は出るものです。
一度の失敗で簡単に挫折してしまわないようにしましょう。

体重計は一日一回、決まった時間に

体重が気になって一日中体重計に乗っていると、それだけでストレスになってしまいます。
体重計に乗るのは一日一回、必ず決まった時間にしておきましょう。
お勧めは夕方の夕食前の空腹時です。
前日よりも効果が出ていれば、夕飯をドカ食いするのはやめようという気持ちになれます。

「ダイエット=楽しみ」に変えてみよう

よく女性で趣味がダイエット、という人もいます。
ダイエットに慣れてしまうと、自分でちょっと太ったと思ったらすぐに元に戻すことができるようになるのです。
自分にご褒美制度を作り、「1キロ痩せたらケーキを1個食べてもいい」などとすれば、目の前のご褒美に一生懸命になれます。

1キロずつ目標を定めることで、気がついたら何キロか痩せていた、ということになるものです。
意志の弱さは関係ありません、むしろ意志が弱くて懲りない人の方がリバウンドしにくいものです。